E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








次回の大会および記念行事
1984年~
1990年~
2000年~
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
●2000年度
2000年4月22日(土)、神奈川大学横浜キャンパス16号館セレスホール
研究発表会・建築史学会総会
記念国際シンポジウム「海を渡った大工道具」
総合司会・吉田鋼市(横浜国立大学)
開会挨拶・桜井邦朋(神奈川大学長)
第1部 講演
(1)オランダへ渡った大工道具 西和夫(神奈川大学)
(2)出島オランダ商館長の見た日本−大工道具が示す日蘭交流
マティ・フォラー(ライデン国立民族学博物館)
(3)建築と道具−建築家の立場から 安藤忠雄(建築家・東京大学)
第2部 鼎談
道具、職人、そして歴史−3人で文化を語ろう
朝岡康二(国立歴史民族博物館)
鈴木博之(東京大学)
渡邉晶(竹中大工道具館)
●2001年度
2001年4月21日(土)、大阪市立住まいのミュージアム
研究発表会・建築史学会総会
シンポジウム
「博物館と建築史学−その可能性−」
司会・谷直樹(大阪市立住まいのミュージアム館長)
(1)博物館建設と建築史−住まいのミュージアム建設
新谷昭夫(大阪市立住まいのミュージアム)
(2)博物館の日常活動と建築史 堀勇良(文化庁)
(3)博物館活動と建築史研究者との共同事業−居留地研究を通して
田井玲子(神戸市立博物館)
(4)博物館と建築史−大阪歴史博物館建設を通して
相蘇一弘(大阪市立博物館館長)
●2002年度
2002年4月20日(土)、早稲田大学 大隈小講堂
研究発表・建築史学会総会
記念講演
「会津八一と早稲田大学の美術史」 大橋一章(早稲田大学)

●2003年度
2003年4月19日(土)、奈良女子大学記念館講堂
研究発表会・建築史学会総会
記念講演
「日本の都城研究の現状と課題」 田辺征夫(奈良文化財研究所)
●2004年度
2004年4月24日(土)、法政大学市ヶ谷キャンパス ボアソナードタワー26階スカイホール
研究発表会・建築史学会総会
シンポジウム
「海からの建築史、川からの都市史」
司会・陣内秀信(法政大学)
海から見た日本建築 西和夫(神奈川大学)
海から見た長崎の建築・都市 林一馬(長崎総合科学大学)
北陸・東北の港町 玉井哲雄(千葉大学)
朝鮮通信使と港町 三宅理一(慶応大学)
アジアの水辺都市 高村雅彦(法政大学)