E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








次回の大会および記念行事
1984年~
1990年~
2000年~
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2019年度大会(研究発表会・総会)ならびに記念行事
 建築史学会の2019年度の大会(研究発表会・総会)ならびに記念行事を下記のとおり開催しました。

日時
2019年4月20日(土) 9:30~17:30

場所
日本女子大学 目白キャンパス(東京都文京区目白台2-8-1)
 JR山手線目白駅より徒歩15分、もしくは都営バス「新宿駅西口」「ホテル椿山荘東京」行(白61)「日本女子大前」下車
 東京メトロ副都心線雑司ヶ谷駅より徒歩8分
 東京メトロ有楽町線護国寺駅より徒歩10分

一.研究発表会
1人発表20分以内、質疑応答10分以内(交代時間含む)
・第一会場(百年館206教室、10:00~12:00)
 司会 上野勝久(東京藝術大学)
 1.川本重雄「『聚楽第大広間の図』の真贋―聚楽第の対面空間―」
 2.長谷川良夫「小島家住宅の史的考察―朝鮮伝来の忍冬酒醸造元―」
 3.岩田会津「近世初期鎌倉における大工仲間の成立過程」
 4.小南弘季「近代移行期東京における都市内神社の境内空間―変容と維持からみる伝統空間―」
・第二会場(百年館207教室、9:30~12:00)
 司会 大橋竜太(東京家政学院大学)
 1.杉浦 均「複数階の建物における『階の呼び方』について」
 2.後藤 武「伊東忠太における進化の概念」
 3.吉野良祐「高松政雄の建築思想―建築と社会の関係をめぐって―」
 4.黒田泰介「東京湾要塞 千代ヶ崎砲台跡 榴弾砲砲台 第三砲座における給弾経路の視覚化」
 5.包 慕萍・高村雅彦「満鉄社宅の採暖防寒技術の向上による和室の導入について」

※昼休みに成瀬記念講堂の見学会(解説:文化継承建築設計事務所 加藤雅大氏)を実施

二.総 会(13:30~14:15) 会場:成瀬記念講堂
 第23回建築史学会賞授賞式/2018年度経過報告/2018年度会計報告/会計監査報告/2019年度活動計画 等

三.記念行事(14:30~17:30) 会場:成瀬記念講堂
シンポジウム「受容の建築史―『境界』に宿る建築のダイナミズム」
プログラム
 14:30 趣旨説明 片山伸也(日本女子大学)
 14:40 セッション1「建築に流れる時間と空間」
     ・空間とモノの境界:野村俊一(東北大学)
     ・様式と構築の境界:加藤耕一(東京大学)
     セッション2「創造的建築史の可能性」
     ・架構と時間の境界:福島加津也(東京都市大学)
     ・保存と有機的進化の境界:清水重敦(京都工芸繊維大学)
     コメント:光井渉(東京藝術大学)
 16:15 休憩
 16:30 討論
 17:30 まとめ:藤井恵介(建築史学会前会長・東京大学名誉教授)

四.懇親会(18:00~20:00) 会場:日本女子大学桜楓2号館4階ホール