E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








次回の大会および記念行事
1984年~
1990年~
2000年~
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年
2020年
2021年
2017年度大会(研究発表会・総会)ならびに記念行事
建築史学会の2017年度の大会(研究発表会・総会)ならびに記念行事を下記の通り開催しました。

日時
2017年4月15日(土)9:00~17:00

場所
神奈川県庁 本庁舎 議場(横浜市中区日本大通一)
京浜東北・根岸線/横浜市営地下鉄「関内駅」下車、徒歩十分
みなとみらい線「日本大通り駅」県庁口すぐ

研究発表会(9:00~12:00)
司会 守田正志(横浜国立大学)
1. 林  琳「禅宗様仏堂の尾垂木構法に関する考察」
2. 中尾七重「表側に大きい板敷室を持つ関東平野の民家の分布と古河公方勢力地の関連について」
3. 小南弘季「明治初頭における東京の氏子域の消失と復活―椙森神社を対象として―」
4. 泉田英雄「コリン・アレクサンダー・マクヴェイン公文書と明治日本」
5. 足立裕司「武田五一旧臟品にみる日本近代建築の展開」
6. 後藤 武「ヴィオレ・ル・デュクと鉄:近代建築構法の成立をめぐる一考察」
7. 松井健太「アルド・ロッシ『都市の建築』の同時代的背景:ヴェネツィア建築大学「建物の配列的特徴」講座(1963-66)の検討」

総 会(13:00~13:40)
第21回建築史学会賞授賞式/2016年度経過報告/2016年度会計報告/会計監査報告/2017年度活動計画 等

記念行事(14:00~17:00)
シンポジウム「歴史的資産と共生する社会にむけて建築史学が果たす役割―横浜・神奈川の取り組みを通して―」
司会 大野 敏(横浜国立大学)
開会・趣旨説明(14:00) 大野 敏(横浜国立大学)
事例報告(14:10)(タイトルは仮題)
1. 庁舎建築と神奈川県庁本庁舎/石田潤一郎(京都工芸繊維大学)
2. 横浜市歴史資産調査会の実績と課題/米山淳一(公益財団法人 ヨコハマヘリテイジ事務局長)
3. 横浜における帆船日本丸の保存と技術の伝承/飯田敏夫(日本丸船長)
4. 神奈川県「邸園文化祭」の実績 モーガン邸を守る会の活動/佐藤里沙(モーガン邸を守る会)
5. 「その他条例」に関する研究会活動/菅 孝能(山手総合計画研究所)
休憩(15:50)
討論(16:10) コメンテーター 大橋竜太(東京家政学院大学)
総括(16:50) 内田青蔵(神奈川大学)
閉会(17:00)