E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








ノートル=ダム・ド・パリ日本語翻訳プロジェクト
東京文化財研究所 研究会
分離派建築会100年展
東北歴史博物館 特別展
竹中大工道具館 企画展
第419回生存圏シンポジウム
東京文化財研究所研究会
日韓建築シンポジウム
土居義岳名誉教授【再起動】記念シンポジウム
2019年度都市史学会大会
公開研究会「近現代神戸の空間編成を捉えなおす」
パリ・ノートルダム大聖堂の再生へ向けて
近代建築の保存と再生 講演会 第22回
建築家・富家宏泰 生誕100年記念回顧展
竹中大工道具館 開館35周年記念巡回展
近代建築の保存と再生 講演会 第21回
戦後空間シンポジウム03
旧遠山家住宅 シンポジウム
竹中大工道具館 企画展
近代建築の保存と再生 講演会 第20回
「旧渡辺甚吉邸」見学会
分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回
講演「文翔館と設計者・田原新之助の生涯」
竹中大工道具館 企画展「水車大工-水力エネルギーをデザインする-」

詳細は下記リンクをご覧ください(外部サイトに移動します)
→ 竹中大工道具館 企画展「水車大工-水力エネルギーをデザインする-」

■展覧会概要
水車はかつて日本の各地で利用されていました。電気がなかった時代、水車は庶民が使える唯一の動力で、穀物の精白や藁打ちなどの労力を大いに軽減してくれました。それらの機構一式を作る水車大工は、自然エネルギーを最高の効率で動力に変える環境工学のエンジニアと言えるでしょう。電気の普及と共に次第に水車は姿を消していきましたが、近年、再生可能なエネルギーを使い二酸化炭素も出さない水車は、改めて注目されています。今回は福岡県久留米市の水車大工・野瀬秀拓氏の技術を中心に、水の流れを動力に変える、匠の技を紹介します。
<会 期> 2019年3月30日(土)~5月12日(日)
<会 場> 竹中大工道具館 1Fホール
<開催時間> 9:30~16:30(入場は16:00まで)
<休館日> 月曜日(祝日の場合は翌日)
<入館料> 一般500円、大高生300円、中学生以下無料、65歳以上の方200円
     (常設展観覧料を含む)
<主 催> 竹中大工道具館
<協 力> 野瀬建設

■チラシ
A4サイズ・PDF形式のチラシがダウンロードできます(1MB、外部サイトに移動します)

■関連イベント
「技と心」セミナー[92]「水車の構造と作り方」
水車には水の流れを動力に変換するための様々な工夫が隠されています。建築とも家具とも違う水車ならではの技術について、水車大工の第一人者が語ります。
<日 時> 2019年4月20日(土)13:30~15:00(13:00開場)
<講 師> 野瀬 秀拓(水車大工・野瀬建設代表)
<会 場> 神戸芸術センター会議室
<参加費> 無料
<定 員> 80名 ※事前申込制、応募者多数の場合は抽選
<申込締切> 2019年4月5日(金)必着

◎関連イベント申込方法
下記リンクをご参照ください(外部サイトに移動します)
→ 「技と心」セミナー【92】水車の構造と作り方