E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








ノートル=ダム・ド・パリ日本語翻訳プロジェクト
東京文化財研究所 研究会
分離派建築会100年展
東北歴史博物館 特別展
竹中大工道具館 企画展
第419回生存圏シンポジウム
東京文化財研究所研究会
日韓建築シンポジウム
土居義岳名誉教授【再起動】記念シンポジウム
2019年度都市史学会大会
公開研究会「近現代神戸の空間編成を捉えなおす」
パリ・ノートルダム大聖堂の再生へ向けて
近代建築の保存と再生 講演会 第22回
建築家・富家宏泰 生誕100年記念回顧展
竹中大工道具館 開館35周年記念巡回展
近代建築の保存と再生 講演会 第21回
戦後空間シンポジウム03
旧遠山家住宅 シンポジウム
竹中大工道具館 企画展
近代建築の保存と再生 講演会 第20回
「旧渡辺甚吉邸」見学会
分離派100年研究会 連続シンポジウム第5回
講演「文翔館と設計者・田原新之助の生涯」
《建築史学会後援》建築家・富家宏泰 生誕100年記念回顧展「戦後京都を設計した男」

詳細は下記リンクをご覧ください(外部サイトに移動します)
→ 建築家・富家宏泰 生誕100年記念回顧展「戦後京都を設計した男」

■展覧会概要
生誕100年を記念した初の回顧展として、富家宏泰の膨大な建築作品群の中から京都の作品に絞り、写真パネルを中心とした100選を展示します。また、あわせて府立資料館(旧館・閉鎖中)及び先日閉館した旧京都商工会議所ビルの模型展示も行います。
戦後の高度成長期を駆け抜けた富家宏泰の作品を振り返りますが、それはすなわち戦後・昭和期の京都人が建築に何を求めたかを知る事でもあります。建築を、表層のデザインとしてだけでなく、より本質へ向かおうとする富家宏泰の姿勢をいま振り返ることで、今後の京都の景観や文化、そして社会のありかたを考えていくことにつながると考えます。
<会 期> 2019年9月7日(土)~9月30日(月)
<会 場> 京都府立京都学・歴彩館 京都学ラウンジ
      Kyoto Institute,Library and Archives
      京都市左京区下鴨半木町1-29(Tel) 075-723-4831
<開館時間> 9時~18時(土日及び最終日のみ17時まで)
<休館日> 9月11日(水)、16日(月・祝)、23日(月・祝)
<入館料> 無料
<主 催> 建築家・富家宏泰生誕100年記念回顧展 実行委員会
<共 催> 京都府(京都府立京都学・歴彩館)
<後 援> 京都市、日本建築家協会、建築史学会、京都商工会議所
<協 力> NPOうつくしい京都

■関連イベント
ギャラリートーク
●2019年9月10日(火)15:30~16:30
― 中川 理(京都工芸繊維大学教授)
●2019年9月22日(日)15:30~16:30
― 井上章一(国際日本文化研究センター教授)
<会 場> 京都府立京都学・歴彩館 小ホール
      参加費無料・申込不要・定員60名(先着順)