E-mail
お知らせ
建築史学会の概要
学会誌「建築史学」
論文投稿規程
建築史学会賞
大会および記念行事
保存要望書
Journal of S A H J.
問い合わせ
イベント情報








2020年10月21日
2020年10月14日
2020年10月7日
2020年8月26日
2020年7月29日
2020年7月21日
2020年7月1日
2020年6月17日
2020年4月23日
2020年4月15日
2020年4月8日
2020年4月1日
2020年3月3日
2019年11月25日
2019年10月30日
2019年10月30日
2019年10月2日
2019年8月21日
2019年5月29日
2019年5月29日
2019年5月8日
2019年4月24日
2019年4月22日
2019年4月18日
2019年4月10日
2019年3月12日
2018年12月5日
2018年11月28日
2018年10月31日
2018年10月24日
2018年10月10日
2018年8月22日
2018年8月8日
2018年7月19日
2018年5月23日
2018年5月16日
2018年4月4日
2018年3月7日
2018年2月21日
2018年2月14日
2017年12月6日
2017年11月29日
2017年11月22日
2017年10月4日
2017年9月6日
2017年8月23日
2017年5月25日
2017年5月10日
2017年4月7日
2017年3月15日
2017年2月8日
2017年2月1日
2017年1月25日
2016年12月7日
2016年12月7日
2016年10月12日
2016年9月2日
2016年8月17日
戦後建築史学研究小委員会幹事の募集
2020年10月7日

 建築史学会2020年総会にて、戦後建築史学研究小委員会の活動を再開する旨が承認されました。その際に、会員から広く協力を得て、「戦後建築史家の軌跡」記録化事業を早急に進めることが必要であるという指摘も受けました。そこで、その趣旨に基づき、会員から広く協力を得るため、本小委員会の幹事を下記の通り、募集します。


役職:建築史学会 戦後建築史学研究小委員会 幹事
活動内容
 戦後建築史学研究小委員会の運営と「戦後建築史家の軌跡」記録化事業(会員宛一斉メール添付別紙資料)に必要な次の活動を主査・他の幹事・委員と協力しておこなう。
 1)具体的なインタビュー対象者の選定
 2)インタビューの事前準備
 3)『建築史学』掲載記事執筆および編集
任期:2年(再任あり)
募集人員数:4名
資格:以下の3点を満たす方なら、どなたでも応募可能。
 1)建築史学会会員(会員種別は問わない)であること
 2)「戦後建築史家の軌跡」記録化事業に理解と興味があること
 3)応募時に50歳未満であること
応募方法:下記4点をA4判1頁にまとめた応募書類を応募先にメールで送付のこと。
 1)氏名・所属・連絡先(住所/メールアドレス/電話番号)
 2)応募理由
 3)「戦後建築史家の軌跡」記録化事業への興味関心事項
 4)インタビューを担当したい戦後建築史家の名前とその理由
応募先および問い合わせ先
 戦後建築史学研究小委員会主査 西澤泰彦(名古屋大学)宛
 nszw[a]nuac.nagoya-u.ac.jp([a]を@に変換してください)
募集期間:2020年10月7日(水)から2020年11月20日(金)
選考方法
 応募書類の内容と現在の主査・幹事による面接内容に基づいて選考する。募集人員を越えた応募があった場合は、本事業に対する関心度や意欲の高い方を優先する。
その他
 委員会活動に対する報酬の支給はない。ただし、インタビューにかかる旅費などの必要経費は建築史学会から支給する。なお、上記の活動内容に記した別紙資料は、事務局からメールアドレス登録会員宛に10月9日までに送信される一斉メールにて配信予定。
以上